しんじる あんしん | ともむすび

“信じる”ってどういうこと?
“信じている”って
どういう状態なんだろう?

そんなことを考えていたら、
ふと“安心感”が浮かんできました。

“信じる”と“安心”はセットなのかも。

心安らかであるとき、
そこに疑いはきっとなくて
あるがままを
今ここに委ねているような感覚。

だとしたら、
一緒にいて安心する人は
信じている人であって、

自分を信じたいってことは、
安心して自分で在りたい
っていうことでもあるのかも。

一緒にいて
安心する人たちとの出会い。

出来ないことよりも
出来ることを見てもらえ、
まず“そのまま”を
許してもらえる安心感といったら…

きっと
この人たちと一緒にいられれば、
自分を信じることも
少しずつ出来るように
なるんじゃないかなって思える。
(他力本願すぎ!?笑)

そんな人たちが
周りにいることが、
とても有り難くて
本当にしあわせなこと。

そして自分も、
一緒にいて
安心してもらえるような
人間で在りたい。

“あんしん”は、
しあわせと平和の
根っこだとしんじるから。