写真展、残り1日となりました! | ともむすび

言葉にならないほどの感動が、連日続いています。


うまく整理できていませんが、
より多くの繋がりが生まれたらいいな…
という気持ちを込めて、
簡単にですがシェアさせてください(^^)


毎日、
出逢いは必然なんだと感じるほど、
つながりが生まれたり
密になっていくのを目にして、
この写真展ができてよかったなと
しみじみ感じさせていただいています。


足を運んでくださったみなさま、
本当にありがとうございます。


来てくださった方のご感想から、
また見えてくるものや気づき…
その方の中にある傷みや、
だからこその愛を感じられ、
なんだか自分が
癒されるような気持ちにもなっています。


今ここに“生きて在る”ということは、
必ず何かを乗り越えているということ。


乗り越えられてきたからこそ、
今ここで“生きている”ということー。


自然だけでなく、
人の強さ、そして優しさにも
敬いの気持ちを抱きます。


人は、
経験は違えど似たような傷みを
持っているのかもしれない。


だから人は、
“共感”が出来るんだろうな。


そして…
傷みを癒してくれるのは
時間もそうですが、
人との関わりなんだなと
様々な出逢いを通して実感しています。


そんな場面がたびたび広がる、
あたたかく不思議な時間。


写真の他に、
言葉も綴らせていただきました。
お時間ありましたら、
写真と一緒に
文章も観ていただけますと幸いです。


明日で最後だと思うと
寂しい気持ちにもなりますが、
最終日もきっと、
素敵な出逢いやつながりを
目にすることができるんだろうな。


最終日11/8(木)は、10:00〜17:00まで。
ご来場、心よりお待ちしております(^^)