生きたいセカイ | ともむすび

“うつくしい”二人の手と いのち繋ぐタネ

自分の今後の人生を考えるー。


ただシンプルに、
“うつくしい”と感じるものを
たくさん見て、
それを残したり
分かち合えたりできれば、
それだけで
きっとしあわせ。


自分が反応する“うつくしさ”は、
やっぱり
“いのち”として在ること、
愛=自然(宇宙)との調和。


だからヒトであれば、
“循環”に気づいて
“つながり”を大切にし、
誰かのために…
という想いを持ちながら、
自然体で
いのちとしての“自分”を生きる人に、
心魅かれるのだろう。


その“うつくしさ”に憧れ、
そして癒される。


ワタシノ シアワセには、
他者が必要。
それを意識し、リラックス。
ココロ開く。


そうすれば、
目には次々と
“うつくしさ”が映る…。


私は、
その世界で生きていたい。