手放し | ともむすび

聞こえてくる、
自分は心地いいとは感じられない音(ことば)。
くり返しにも反応し始める。


もし…
発信源が自分の好きな人だったら、
同じように感じるだろうか。


置き換えてみる。


くり返される
おなじ音(ことば)が、
気にならなくなった。


そこに、
“愛”があるかどうかだった。
“おなじ”
と認識できるかどうかだった。


すべては自分の意識。関係性。


気づきの機会と
“手放した分だけ入ってくる”を
体感する日々。


すべて必然で
必要だったんだと感じられる
“いま”と
“いま”に繋がってくれた過去、
流れに心から感謝(^^)