新しい いのちより | ともむすび

ただ
ここに生まれてきて…
ただ
今生きていること。


それが
どれほど奇跡的で
有難いことなのかを、
新しい いのちに
教えてもらう日々。


不安の涙。うれし涙。
いのちを想う
波立ちながらも力強い愛に、
“母”を感じ、“母”を知る。


そこから
“母と自分”も見えてくる。
母に産み出してもらった自分。
いのちを掛けて…
わたしは、
母から生まれ出た。


はじまりは0.2ミリの卵。
それは
ずーっと途絶えず
繋がりつづけている
いのちの軌跡。


与えられたいのち。
生まれ…
いのちをいただき、
生かされ生きる。


今、わたしは生きている。
そして、
いつか必ず死ぬ。


それは何年か後かもしれないし、
明日…いや今日かもしれない。


必ずやってくる別れの前に…
するであろう後悔を
なるべく最小限に留まらせるためにも、


身近にいる大切な存在に、
当たり前ではない日々の奇跡に、
いまの自分にできる方法で
愛を…感謝を表現したい。伝えたい。
いま、いま、いま…


喜んでもらえるようなことや
一緒に笑って楽しめるようなことを。
言葉で気持ちを伝えること、
与えてもらえた
このいのちを全うすること。


「ありがとう」と
「だいすき」を込めて。