歴史のなか | ともむすび

歴史のなかを生きる。


まもられた
いきのびた


過去が
あったからこその現在(いま)。


“わたし”…の中に在る
“わたし”…と共に在る
無数のいのちに 想いを寄せて。