いただき生きること | ともむすび

画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外、自然 画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、屋外、自然

それぞれが生きるために―。
競いも、
いのちの営みの一部なのだと
痛感させられる光景でした。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、木、屋外、自然 画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、歩いてる(複数の人)、木、植物、屋外、自然

関野さん曰く、
播種1か月後のみやま子カブは、
過去1番の出来を期待するほどの成長だったのだそう。

画像に含まれている可能性があるもの:靴、植物、屋外

ところが、カブのおいしさや
動物たちが入ってきやすい環境だったためか、
少しずつ食べられてしまっていたようで、
厳しくも母本選別(種どり)できない状態になっていました。

 

お互いが生きることに必死。
ゆえに
共に生きるということには、
否応なしに利害関係も含まれる。

 

普段あまり感じられていないけれど、
私たちは思っている以上に
貪欲に生きているのかもしれない。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、屋外

「とっつかまえて説教してやりたい!
今回は許してやるけど次は許さないからな!って。」

「食べかけがあるということは、
カブを食べている動物を狙って出てくる
大きい動物もいるのかもしれない。」

嘆きの言葉からも
愛や前向きさを感じられたのはきっと、
日々いのちと向き合い、
自然の摂理を受け入れている人たちだから。

 

食べ食べられる、食物連鎖。
いただき生かされる、いのちの循環。

「いただきます」という感謝の言葉に、
“(いのちを)いただいて”
+“(しっかり)生きてゆきます”という決意も
これから込めていきたいと思いました。

そして、人間の知恵は、
他との関係性から生まれ
発展してきたのだと改めて感じました。

タネ・いのちをまもり、
つなぐための最善策がこれから見つかりますように。