みやま小かぶ播種 2017 | ともむすび

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、立ってる、屋外 画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、木、子供、草、屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、立ってる、空、木、屋外、自然 画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、木、山、植物、草、屋外、自然

野口種苗研究所さんの畑で何年も何年も行なわれてきた
みやま小かぶの自家採種。

画像に含まれている可能性があるもの:空、木、山、植物、屋外、自然 画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、帽子、あごひげ、屋外

昨年、いのちを繋ぐ・固定種をまもる
種どりが思うように出来ないほど、
シカやイノシシなど他の動物たちに食べられてしまいました。

“食べられてしまった”というのは、もちろん人間側の視点。

動物たちが人間に見つかるリスクを背負ってまでして、
生きるために必死にこの場所まで来て
食べものを探すようになったのも、
私たち人間が自然界のバランスを崩し、
彼らの住処や食べものを奪ってしまっているから…。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、草、木、屋外、自然 画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、植物、草、屋外、自然 画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、木、屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、子供、屋外 画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、木、空、植物、屋外、自然

私には専門的な知識も経験もないので、
無肥料自然栽培における電気柵の設置が是か非か…恥ずかしながら、
ハッキリとした自分の意見を見つけられませんでした。

でも、電気柵設置の決断にいたるまでの
経過を垣間見ながら感じたことは、
野口さんをはじめ、悩まれていた方々は
そのことをご存知だからこそ、
他の案を考えられたり…
(昨年はネットで囲いました)
最後までずっと悩まれ苦渋の選択をされたのだと思いました。

 

自然の摂理としての食物連鎖。
同じ地球に生かされるいのちとしての共生。

 

いのちをいただき、共に生きるー。
この2つの均衡は
私たち人間が
どのような暮らしをしたときにベストな形がとれるのだろう…。

その課題について考え動くことも、
人間として生きることなのかもしれないなとも思いました。

 

農耕文化の前には狩猟文化もあって…
その時代によって変遷しているのかな。
でも、
昔はいただく他のいのちや自然に対する畏敬の念が強く、
みながそれを感じ、
いのちと向き合う姿勢が現代とは大きく異なっていたことは確か。

 

自分にできることはとても些細なことだけれど、
他のいのちをいただくことで生かされていることを忘れず
畏敬と感謝の気持ちをもって、
共生きのバランスについてももっと考え、
できる限り自然に負担をかけない生活を心がけることからはじめ、
発展させていきたいと思います。

 

“ミツバチがいなくなってしまったら私たちは生きていけない―”
間接的な範囲を拡げていったら、
受粉を手伝ってくれている大切なミツバチの存在に限らず、
すべてのいのちと同じ関係性を結んでいるんだろうな。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、花、植物

私たちは
それぞれ役割をもった多様性があってこそ、
他のいのち・存在があってこそ、
今ここで生きられている。

 

nicoの活動からまた色んなことを
感じさせていただくことができました。
ありがとうございました!
この輪(和)が広がり、より多くの人たちと
いのちを大切にできますように☆

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、木、植物、屋外、自然

 

今回も、
真摯に自然と向き合いながら
今この瞬間を生きているみなさんの姿に
心魅かれました☆

ニンゲンとしてどう生きるべきか、
どう生きていきたいか、についても考えさせられます。
いつもありがとうございます☆
本当にお疲れ様でした!!母本選別も楽しみです。